はっさくピール
お菓子

橙色の秘密

はっさくピールと伊予柑ママレード

はっさく6個、伊予柑はいくつだったか、覚えていない。

たくさんむいた後は肩がパンパン、それでもやめられない手仕事。

肩の痛みが落ち着いたところで、はっさく6個、伊予柑4個をむき、またピールとママレード作り。

ここに木があれば、好きなだけもいで作るのに。

好きなだけと言っても、夢中になれる手仕事にも限界があり、おいしく食べられる分を仕込むことに。

あんなにたくさんあったけど、残りははっさく3個。

とろどころに傷があるものの、グラニュー糖で煮ると色鮮やかな橙色に。

甘酸っぱい粒々の果肉と、ほろ苦い皮。

伊予柑ママレードは、白いワタはきれいにそぎ落とし、皮を細かく刻み口当たり優しく。

ほどよいとろみを残しパンにたっぷりのせて、またはしっかり煮詰めて生地に混ぜ込んでケーキを焼いてもおいしい。

はっさくピールは、初めての挑戦。

一回目はワタを取り除きつやよく煮て、乾燥させグラニュー糖をまぶし

二回目はワタをできるだけ残し、3日間ことこと煮て艶やかに仕上げた。

ちょうどいい苦みと甘み、そしてしっとりやわらか。

お菓子に使うつもりが、お茶請けにしばらく堪能できそう。

〇 伊予柑ママレード
皮、果肉… 合わせて400~450g
グラニュー糖… 皮と果肉の40%

① 伊予柑はよく洗い4つ割りにし皮をむき、薄皮をむいて果肉を取る。種はだしパックに入れる

② 鍋に皮、水を入れ煮立てば3分ほど茹でざるに上げ、皮を下にして白いワタをそぎ落とす。数枚を重ね縦に切り千切りにし、鍋に皮、水を入れ火にかけ沸騰したらざるに上げ(茹でこぼし)、これを2回繰り返し水気を切る

③ 大きめの耐熱ボウルに①・②を量り入れ、重さの40%のグラニュー糖を加え混ぜ合わせ種袋を入れる。600Wの電子レンジで8分×2、6分×1回、4分×1回もしくは2分と徐々に時間を短くし、様子を見ながら加熱

④ 種袋を取り出し、煮沸消毒した瓶に移して完成

分量によって加熱時間を調節。スプーンですくって固さを確認し、ゆるめに仕上げます。

伊予柑ママレード

伊予柑ママレード

〇 一回目はっさくピール
皮… 300g
水… 600g
グラニュー糖… 皮の90%
仕上げのグラニュー糖… 適量

① はっさくはよく洗い、8つ割りにし皮をむき重さを量る

② 鍋に皮、水を入れ煮立てば20分ほど茹で、皮を下にして白いワタをそぎ落とす

③ 鍋に水・皮の60%のグラニュー糖を入れ、火にかけ混ぜながら溶かす。皮を入れオーブンシートをのせとろ火で20分ほど煮て、残りのグラニュー糖を加えさらに15~20分煮て冷めるまでおく

④ 天板にオーブンシートを敷きシロップを切って③を並べ、100℃に温めたオーブンで20~25分加熱。グラニュー糖をまぶし乾燥させて完成

はっさくピール

〇 二回目はっさくピール
皮… 700g
水… 700g
グラニュー糖… 皮の90%

① はっさくはよく洗い、8つ割りにし皮をむき、たっぷりの水に一晩つける

② 鍋に皮、水を入れ煮立てば20分ほど茹で、皮を下にして煮崩れたワタを薄くそぎ落とし、水にさっとさらし水気切って重さを量る

③ 鍋に水・皮の60%のグラニュー糖を入れ、火にかけ混ぜながら溶かす。皮を入れオーブンシートをのせ、とろ火で40分煮て一晩おく

④ 皮をざるに上げシロップを鍋に戻し、20%のグラニュー糖を入れ火にかけ混ぜながら溶かす。皮を入れオーブンシートをのせ、とろ火で30~40分煮て一晩おく

⑤ 皮をざるに上げシロップを鍋に戻し、10%のグラニュー糖を入れ火にかけ混ぜながら溶かす。皮を入れオーブンシートをのせとろ火で20分煮て、冷めるまでおき乾燥させて完成

はっさくピール

はっさくピール


レシピブログのランキングに参加しています。
レシピが気に入ってもらえたら、応援の「クリック」してくださるとうれしいです。