リッチな食パン
パン

リッチな食パン

見事な膨らみ、甘い香りがたまらない

粉の風味が感じられるもっちり食べ応えのある食パン、甘い香りがたまらない柔らかくて軽い歯切れのよい食パン。

人それぞれ味も好みもそれぞれ、色んな食パンがあります。

たくさんの人においしいと思ってもらえる食パンを自宅で焼きたい、それが目下の課題です。

食パンにこだわる理由はね、パリッと焼けた皮と広々とした混じりけのない真っ白いパンをこれでもかと堪能できること。

焼いた翌日はそのままで。焼いた2日後はこんがりトーストして、そのままもしくは薄くバターをぬって食べる。

今まで油脂を加えずシンプルな材料で作っていたけど、ここいらで油脂を加えた食パンにも挑戦してみることに。

歯の悪い母に食べてもらいたいと思って作り始めたリッチな食パン、いつしか自分のために焼いてる感じです。

とにかくよく膨らみ、生クリームの甘い香りがたまらない。

いつもより粉の量を減らし、それでも比容積は3.0といった感じ。

まだまた食べ応えがあって軽いとは言えませんが、これはこれでおいしいよ。

次は生クリームをバターに変えて試してみようと思います。

〇 1.5斤(容量 2000ml)
【A】
準強力粉(ソレドォル)… 380g
砂糖… 20g
塩… 7.6g

【B】
インスタントドライイースト… 3.8g
ぬるま湯… 152g
牛乳… 132g
生クリーム… 27g
※加水 約82%

① ミキサー用のボウルにAを量り入れ混ぜ合わせる。ぬるま湯・牛乳・生クリームにインスタントドライイーストを振り入れ5~10分おく(温度=38℃)

② AにBを加えミキサーの低速でなじむ程度に混ぜ合わせ、速度を少し上げ20~25分混ぜ合わせタッパーに移す(温度=26~28℃)

③ 一次発酵開始6割ほど膨らんだら(暖かい場所で約1時間ほど)、麺台に取り出し生地を2回三つ折りにしてタッパーに戻し30~40分おく

④ 麺台に生地を取り出し3等分にして丸め、タッパーもしくは濡れ布巾をかぶせベンチタイム20分ほどおく

⑤ 型にショートニング(無添加)または無塩バターをぬる。綿棒で生地を長方形に広げ左右を折りたたみ端から巻き、巻き終わりを閉じ下にして型に入れ9分目まで膨らむまでおく
※ショートニングは分量外となります。

⑥ オーブンを210℃に温め200℃に下げ、霧吹きで水を吹きかけ天板を下段に入れ36分焼いて完成

オーブンによって温度、焼き時間を調節し、途中方向を変え、天板などをのせ山の焼き過ぎを調整。

リッチな食パン美しい山形
リッチな食パン焼き立てを割ってみた
リッチな食パンスライスするとこんな感じ

レシピブログのランキングに参加しています。
レシピが気に入ってもらえたら、応援の「クリック」してくださるとうれしいです。