アップルパイ
お菓子

休日の朝はアップルパイ

とっておきのりんごジャムで作る

サクサク、サクサク。もぐもぐ、もぐもぐ。

おいしい音だけが響く。

今年もおいしいりんごをたくさんいただき、定番となっているジャムづくりを。

ちょっと前に紹介した「ミルク食パン」に、とろっとしたジャムをたっぷりのせて食べると最高においしいです。

パンもいいけどね、食べたかったのがアップルパイ。

バターを扱うのは本当に難しい。

中でもパイ生地はハードルが高く、今までずっと市販のパイシートに頼りっぱなし。

バターをまとめ買いしたことだし、ここらで手づくりに挑戦。

でもね、初めては不安なので…グレーテルのかまど(NHK)さんのレシピを参考に作りました。

手づくりパイっておいしいね、何も言わずに2個3個と食べてしまう。

苦労して半円形に抜いた甲斐がありましたよーーー

〇 6~7個分
無塩バター… 225g
強力粉… 125g
薄力粉… 125g
冷水… 125g
塩… 5g

打ち粉(強力粉)… 適量
りんごジャム
溶き卵… 適量

① よく冷やした無塩バターは小さいサイコロ状に切る。冷水に塩を加え混ぜ合わせる

② ボウルに強力粉・薄力粉を入れ泡立て器で混ぜ合わせ、無塩バターを入れ粉を全体にまぶし、冷水を加え全体になじむようざっと混ぜ合わせ粉っぽい状態で麺台に取り出す

③ 手でひとつにまとめ綿棒で押さえ広げ3つ折りにし、生地を90度回転させ同じように綿棒で押さえ広げ3つ折りにする。これをあと1~2回行いラップで包みビニール袋に入れ冷蔵庫で一晩おく

④ 生地に打ち粉を振り③を6回行い、厚さ0.3cmほどにのばし直径12cmの丸型で抜く。適量のジャムをのせ縁に水をつけ、半分に折りしっかり閉じ天板に移す

⑤ オーブンを200℃に温める。④は折り目の部分に包丁を刺し溶き卵を刷毛でぬり、オーブンを190℃に下げ50分焼いて完成

型で生地を抜き、周りの生地を包丁で切り外し、抜いた下の面を上にしてジャムをのせます。ジャムののせ過ぎは禁物です。

big-thumbサクサク、サクサク。
big-thumbもぐもぐ、もぐもぐ。
りんごジャムジャムづくりは楽しい

レシピブログのランキングに参加しています。
レシピが気に入ってもらえたら、応援の「クリック」してくださるとうれしいです。