やきとり
おかず 肉のおかず

ねぎを食べるやきとり

義父の畑で太くて立派なねぎが収穫された。

すき焼きも食べたいけど、まずはやきとりから。

私の田舎では青々しいねぎが畑に広がり、白い部分が多い長ねぎは美しすぎるというか。

義父のねぎは、懐かしさを感じさせてくれる素朴なねぎ。

白い部分で上下でしっかり固め、肉と肉の間に青い部分を挟み、肉と一緒においしくいただきます。

フライパンでやきとりを、魚焼きグリルで好物の鶏皮を焼き、煙にまみれやきとりと格闘。

肉汁ならぬ、ねぎ汁のすごいこと。

〇 10本分
鶏モモ肉… 400g
ねぎ… 2本
サラダ油… 適量

[下味用]
【A】
酒… 大さじ1
醤油… 大さじ2

[たれ]
【B】
みりん… 大さじ2
醤油… 大さじ2
砂糖… 小さじ1程

① 鶏モモ肉はお好みで皮を外し、黄色い脂肪・筋を切り落とし、肉は1.5~2cm角に切り、皮は2幅に切る。ねぎは2cm幅に切る

② ボウルに①を移しAを入れ混ぜ合わせ30分以上おき、竹串にねぎ、肉を交互に刺す。鶏皮は布地を縫うような感じで刺す

③ フライパンにサラダ油をひき、②を並べ入れ中火で焼き色をつけて焼き、上下を返しやや火を弱め同様に焼きバットに取り出す

④ 鍋にBを入れとろっと煮詰め刷毛で③にぬり、バットに落ちたたれを鍋に戻し次に焼けたものにぬって完成

終始中火で焦げ目がつくぐらいしっかり焼きます。魚焼きグリルでやきとりを焼く場合は、ねぎが焦げやすいので火加減に注意してください。

やきとり
やきとり

レシピブログのランキングに参加しています。
レシピが気に入ってもらえたら、応援の「クリック」してくださるとうれしいです。