いかめし
おかず ごはん 魚のおかず

いかめし

北海道の名物を再現

各地に名物あれど、いかを見るとこれが食べたくなるのは私だけ。

みんなもそうでしょ。おいしいよね、いかめし。

だからって自分で作ろうと思う人は少ないかもしれませんが、おいしいものはたくさん作ってお腹いっぱい食べたいから。

小さくもなく大きくもない長さ22~24cmのいかを購入、煮るとお弁当箱に入るちょうどいい大きさに変身します。

いつも苦戦してたもち米を詰める作業、今回もどうしようかと思っていたらいいものを見つけました。

星の抜き型。長さ4cmほどありちょうどお腹に入るサイズ、もち米をスプーンですくってこぼすことなく詰めることができひよこ感激!

詰め過ぎ禁物ですがついつい、はち切れんばかりのお腹に煮汁がしみ込んでおいしいのだ。

〇 8~9個分
するめいか… 長さ22~24cm 8~9杯
もち米… 1.5合
生姜… 1かけ

[煮汁]
【A】
だし汁… 600ml
醤油… 100ml
酒… 50ml
みりん… 50ml
砂糖… 大さじ4

① もち米は洗ってざるに上げ30分以上おき、生姜は薄切りする

② するめいかは胴の内側に指を入れ内臓のつなぎ目を離し、足を持って内臓・軟骨を引っ張り取り出す。胴身はよく洗い、ゲソは目の下で内臓を切り落とししごくように洗い吸盤を取りともに水気を切る

③ 胴身にもち米を6分目まで詰め爪楊枝で止め、鍋にAを入れひと煮立ちさせ胴身・ゲソ・生姜を入れ、キッチンシートをかぶせふたをして弱めの弱火で1時間ほど煮て完成

途中返しながら煮ること1時間、皮がきれいに取れました。

いかめし


レシピブログのランキングに参加しています。
レシピが気に入ってもらえたら、応援の「クリック」してくださるとうれしいです。