牛丼

家でもあの味ができたら。

今日は何も作れないという日は、吉野家の牛丼をテイクアウトすることもしばしば。

甘い玉ねぎにひらひらの牛肉、最後までおいしく食べられる程よい味わい。

すき焼きとは違ってやさしい茶色の牛肉は、想像するにたっぷりの煮汁に牛肉が浸かりながらことこと煮込まれているのでは。

ずっと煮汁に浸かったまま、ことことことこと。

煮汁が肝なわけで、濃くもなく薄くもなく。

薄めのだし汁をベースに、醤油と甘みのバランスを確認しながら慎重に慎重に煮てみた。

牛肉はたっぷり800g、ひらひらの薄切り肉で。

みなさんもお試しあれ。

〇 大瓶1個分
牛薄切り肉… 800g
玉ねぎ… 300g

[煮汁]
【A】
だし汁… 700g
水… 400g
醤油(甘口)… 大さじ4
醤油… 大さじ2
みりん… 大さじ2
砂糖… 大さじ2

【B】
醤油(甘口)… 大さじ1
砂糖… 小さじ2

① 玉ねぎはくし切りにする。鍋にA・玉ねぎを入れ火にかけ、煮立てば弱めの弱火で20分ほど煮る

② 鍋に水を沸騰させ弱めの中火にして、牛薄切り肉を数回に分けて入れ色が変わればざるに上げ水気を切る

③ ①に②を入れアクを取りながら弱めの弱火で10分ほど煮て、冷めるまでおき味を確認してBを加え同様に煮て完成

煮汁に玉ねぎの甘みをプラス、牛肉はさっと湯通しして臭みを取る。肉が多い場合は数回に分けて湯通しし、湯が濁れば新たに水を沸騰させる。

牛丼

牛丼

牛丼