ラム香るぶどう食パン
パン

ラム香るぶどう食パン

甘いレーズンをたっぷりのラム酒に数日漬け、これでもかと入れて焼いてみた。

生地の量を減らしてみたり、増やしてみたり。自分好みの食感を求め試行錯誤は続きます。

自分の性格からすると、ややこしい作り方は向いていないから、ストレートにこだわりたい。

その日も朝から曇り空で寒く、8時に生地を冷蔵庫から出し待つこと12時間以上、ようやく二次発酵が終わりオーブンへ。

どんな食パンが焼けるのか、吉と出るか凶と出るか。

楽しみで仕方なかったのに、こんなにも時間がかかると不安しかなく。

翌日ずっしり重いパンに、ドキドキしながら包丁を入れ切ってみると、むぎゅっと弾力を感じ指で押さえるとふわふわ。

やわらかいから分厚く切っても、いくらでも食べられる。悪くないかも。

この食感はラム効果もあるようで、ただ子どもには食べさせられない大人な味わい。

焼いてから3日後ようやくラムの香りも落ち着き、トーストしてバターをつけて食べてもうまかった。

〇 1.5斤(容量 2000ml)
はるゆたかブレンド… 360g(100%)
砂糖… 28g(8%)
塩… 6.4g(1.8%)
インスタントドライイースト… 2.5g(0.7%)
水 24~26℃… 252g(70%)
はちみつ… 18g(5%)
無塩バター… 7.2g(2%)
ラム酒漬けレーズン… 234g(65%)

ミキシング 低速4分中速6分 バターを入れ低速4分中速6分 レーズンを入れ低速2分中速3分
捏ね上げ温度 26℃
パンチ 60分おいて生地を折り返す
一次発酵 冷蔵庫で12時間以上
18~20℃になるまで室温でおく
パンチ、分割
ベンチタイム 30分
二次発酵 型の9分目ほど膨らむまで室温でおく(※15分前にオーブンを温める)
焼成 230℃に熱し210℃で32~34分(※途中反転させる)

ラム香るぶどう食パン


レシピブログのランキングに参加しています。
レシピが気に入ってもらえたら、応援の「クリック」してくださるとうれしいです。