おでん
野菜のおかず

里芋が主役のおでん

好物の里芋。

煮物や豚汁もいいけど、おでんにすることにした。

母はおでんに必ず里芋を入れていた。しばらく母のおでんは食べてないけど、二人きりの生活であまり作らないらしい。

ほったらかしが楽というのもあるけど、しみじみおいしいと思うようになり、私は寒くなると度々作る。

じっくり煮た里芋は、やわらかく、やさしく喉を通る。

20年前には分からなったこと、今になって分かることがある。

〇 4人分
大根… 24~26cm
里芋… 6個
卵… 4個
油揚げ(厚めのもの)… 1枚

【A】
だし汁… 1800g
みりん… 大さじ2
醤油… 大さじ1と1/2
塩… 小さじ1と1/2/小さじ1/2

① 大根は6~6.5cm幅に切り皮を厚めにむき、面取りをして片面に十字の切り込みを1cmほど入れる。鍋に大根・かぶるほどの水を入れ火にかけ、沸騰すればやや弱めの中火で20分ほど茹で、水に浸け透き通るまでおく

② 卵は茹で水に取り殻をむき、水に浸けしばらくおく

③ 鍋にA(塩小さじ1と1/2)を入れ火にかけ煮立つ直前にとろ火にし、大根・卵を入れふたをして1時間ほど煮て冷めるまでおく

④ 里芋は皮を縦にむき、鍋に里芋・かぶるほどの水を入れ火にかけ、煮立てば中火で6分茹で水に取りぬめりを洗い流す

⑤ ③を火にかけ煮立つ直前にとろ火にし、里芋・塩小さじ1/2を入れふたをして、もしくは少しずらし1時間ほど煮て冷めるまでおく

⑥ ⑤を火にかけ煮立つ直前にとろ火にし、油揚げは適当な大きさに切り30~40分煮て完成

大きい里芋は、大根・卵と一緒に煮る。

おでん

おでん